岩村選手兼監督が引退。思い出に残るWBC2連覇

ヤクルトスワローズなどで活躍し、現在はBCリーグの福島で選手兼監督として現役を続けていた岩村選手が引退しました。岩村選手と言えば、WBCの2連覇の時の日本代表でも活躍した強打の3塁手としての印象が強く、ヤクルトの黄金期を支えた名プレイヤーでもあります。特にバッティングは長打力も兼ね備えたバッターで、広角にも打てる好打者でした。後にメジャーにも挑戦し、当時のデビルレイズで日本人ながらもキャプテンシーを発揮し、ワールドシリーズを戦っていた姿が印象に残ります。日本球界に復帰してからは、楽天に在籍しましたが、思うような活躍ができず残念ではありました。年齢による衰えなのか、ヤクルト在籍時のようなバッティングが影をひそめ、復活を期待していたのですが、MLBには復帰ができませんでした。それでもBCリーグに監督兼任で活路を見出し、燃え尽きるまで現役をまっとうしたのですから、本人としてもある程度納得のいく現役生活だったのではないでしょうか。様々な局面を実際に経験した選手ですから今後指導者に専念してもきっといい監督なるのではないかと思います。キレイモ 脇