落下実践と模様の実例について教育しました

落下アクションについて訓練しました。落下運動をする状況、速さの目立ち奴は時間に比例します(重力によって、1秒間に9.8m/秒ずつ速さが増していく)。こういう重力による加速度のことを重力加速度といいます。また、落下差異は時間の2乗に比例します。100gの物には約1Nの重力が、200gの物には約2Nの重力が行ないます。つまり、酷い物ほど大きなアビリティーが行ないます。苦しい物と小気味よい物では、小気味よい物のほうが少ない力で動かすことができます。つらい物は小気味よい物よりも大きなアビリティーがはたらいているが、小気味よい物より動き難いので降りしきる速さは同じになります。エア内側を物が運動すると、そのアクションをさまたげようとするアビリティーがエアから行ないます。これがエアの反抗だ。エア中では羽毛のほうがエアの反抗の影響を受ける結果、メタル球のほうがはやく落下決める。真空中では、羽毛とメタル球はおんなじ速さで落下決める。知らないこともあったので、勉強して良かったです。http://werehot.biz/sango-belta.html