やっと預貯金が0になったジャイアンツ。この先が非常に当惑。

 最初戦はいよいよしのいでいたものの、ここにきて大層つらい競争がつづいて要るジャイアンツですが、初めて首位カープに3連敗を喫して積み重ねが0になってしまいました。しかもカープ戦は全然と言っていいほどいいところなしで、何より2戦眼は近年の大殊勲人でもある山口が打ち込まれるというため、正しく現在のジャイアンツの実態を象徴しているような取り組みでした。
 思えば、現在柱として奮闘した阿部慎之助や内海が2軍にいて、請いのサポーターであったはずのギャレットも過日2軍降格となれば、勝率が5割限りあったことが逆に不思議なくらいで、坂本、クルーズ程度がついに頑張って今の取り付けをキープしていらっしゃる情景を受けてしまう。一時期は、いい場合打っていた情景の生じる小林捕手も、つい打率が1割卓になり、そのことからも率先現実でかなりの気掛かりがいらっしゃるような感じです。先発で信用できるのが菅野だけという今の投手力では、いたしかたないのかもとも思いますが…。
 今後のジャイアンツがどのように戦っていくのか非常に苦痛されます。高橋由伸新指揮もはなはだダメージが重なっているのではないでしょうか。やっと阿部程度が1軍にあがり、色んな現実で実態を打破できることを予測行なう。
 キレイモ 0円